毛穴パックをするときの注意点

人気の毛穴ケアといえば、毛穴パックです。ただし使い方をちょっと間違えると、頬や小鼻をきれいにできるどころか皮膚にトラブルを起こしてしまう恐れもあります。
なので、毛穴パックを使う際にはいくつかの注意点が!

まず、肌への負担を考えて使うようにすること。毛穴パックは、1週間からあ10日に1回くらいの頻度で行うのがいいでしょう。
また、日焼けした後や、吹き出物や湿疹、肌に傷があるときなどには毛穴パックの使用は控えるようにすること。
そして、大事なことですが、決められている時間よりも長く毛穴パックを肌に貼っておかないこと!これはとても大事なんです。
長く貼った方が効果が出そうな気はしますが、逆効果。たくさん角栓がとれるわけではないんです。
長時間貼りっぱなしだと肌が乾燥しすぎて、健康な角栓や皮膚まで一緒にはがしてしまうおそれがあります。
もしも毛穴パックをはがすときに頬や鼻などに痛みを感じたら、それは長すぎのサインです。
もし説明書などに記載されている規定の時間を守って貼っていたとしても、人によっては肌質に違いがあるので、時間は自分で様子を見て調整するようにしてください。
何分くらいが痛みなくはがせるタイミングなのか、自分で把握しておくといいですね。
もしもパックを乾燥させすぎてしまったと思ったら、パックを水でぬらしてからゆっくりとやさしくはがすようにしましょう。
パック後は、毛穴が開ききった状態になります。もしそのままの状態で放置すると、毛穴に汚れが入ってしまう可能性があるため、化粧水でしっかり保湿して毛穴を引き締めるようにしましょう。
そして、再び毛穴に角栓をつくらないために、毛穴パックをした後にしっかりとお肌を保湿することが大事。パック後にどれだけしっかり毛穴を引き締められるかはとっても重要なです。

毛穴パックは強力なので、肌に必要な皮脂まで除去してしまって、それが皮脂分泌を促すことにもなりかねません。皮脂分泌が活発に行われるようになるとオイリー肌になってしまっう可能性もあるんです。
このように、毛穴をきれいにすることができると同時に肌への負担がとても大きい方法だということをよく理解したうえで、使い方の注意点や使用した後の毛穴のケアをしっかり守り上手に利用していってくださいね!

また、毎日のケアとしては毛穴パックに頼りすぎることなく洗顔やクレンジングをしっかり行うことも大事です。今は口コミがいいネオちゅらびはだなど毛穴の汚れをこすらずに落とせるクレンジングや洗顔がたくさん出ているので、肌に合うものを選ぶようにしましょう。

仲間を作って炭水化物制限ダイエット

私は今、一人でダイエットをしていますが、それだと結構心細いので、最近ダイエット仲間はいないかなという感じでいろいろな人のブログを読み漁っています。

特にダイエットをしていて年齢が近くて同じような感じの悩みを持っている人を見ていますが、やっぱり人それぞれいろいろなダイエットの悩みがあるようで、ある人はいろいろなダイエットの健康食品を試してみたようですがそれが合わなかったからもったいないことをしたとかそういうことを言っている人もいました。

やっぱり自分の体が一番自分をよく知っていると思うので、人がいいと思って進められても自分で体験しなければわからないところがあるよなと思いました。私もダイエットをするにあたって今木になっている健康食品があるのですが、それはどうしようか悩んでいて、高いからまだお預けかなと思っているところです。

また、ちょっと気になるのがフラミンゴレギンス。脚が太いのも悩みなので、着圧でどうにかしたいと思っているんです。

最近では、私はダイエットのために、夕飯は炭水化物を抜いています。夕飯は炭水化物を抜くだけでもおなかの負担になりませんし、体にいいと思っています。

もしできるのであれば、炭水化物だけでなくて、断食をしてもいいかもしれません。最近それをものすごく感じていてものすごくそれに挑戦したいなと思っています。ただ、空腹が耐えられなくてどうしようという感じになってしまうと嫌なのでそれはまだお預けです。

なかなか思い通りに行くことがないのでどうしようもないのですがやっぱりどうしたらいいのかわからない部分があるので少しずつダイエットのためにやっていけたらいいなと思っています。

ちなみに我が家の夕飯はカレーだったのですが、カレーでも炭水化物だけ抜きというのは私はできなかったので、私だけ別のものを食べさせてもらいました。ご飯はおかげさまで私が抜いているので買う量が減りました。

プチプラもち肌スキンケアアイテム紹介とスキンケア法

洗顔ですが、実に数十種類と試した私がたどり着いたのはビフェスタの泡洗顔コントロールケアです。

まず、洗顔フォームだとネットで泡立てる手間がかかるし、泡のキメが荒かったりします。

このビフェスタの泡洗顔は振って手のひらに出すだけで完成度の高いきめ細やかな泡が出てきます。

そしてこの洗顔に変えてから頻繁にできていたニキビが本当にできにくくなりました。

泡を顔全体に優しくのせて指でくるくるとしたあとは水で流します。

泡が残らないように丁寧にすすぎます。

すすいだら水分をキッチンペーパーで拭きます。

このとき、絶対にこすらないように注意します。

キッチンペーパーで顔をトントンと優しく拭いた後は、スプレー式の化粧水で顔全体を保湿します。

私はナチュリエのハトムギ化粧水を使っています。全顔に吹きかけるごとにハンドプレスを繰り返します。

この工程を5-6回ほど。

次に、ナチュリエのスキンコンディショニングジェル(ハトムギ保湿ジェル)を顔全体に塗布しゆっくり丁寧にハンドプレス。

3-4回ほど繰り返します。

そして、白潤の薬用ホワイトニング乳液を適量、手のひらで温めてから全顔にハンドプレスします。

保湿が足りないときはニベアクリームを塗ります。

色々と工夫をすることで、プチプラのアイテムでもしっかりスキンケアできるんですよね。

ただ、色々試してひとつだけ感じたのは、「しわ」のケアだけはプチプラじゃ難しいということ。

ベーシックなスキンケアはプチプラで十分なんですが、しわのような特化したケアはしっかりとそれ専用のスキンケアを使った方がいいです。ここにはお金をかけるべきかと思います。

私が使っている小じわ対策:カナデルエフェクトアイクリームリフト

これで翌朝にはもち肌の完成です。プチプラアイテムばかりなので、試してみてはいかがでしょうか。