パックの後のケアで大事なことは?

毛穴の汚れをきれに取り去る方法として、一番手軽で人気が高いのは「毛穴パック」でしょう。

毛穴パックにはメリットがあります。まず、毛穴に詰まった角栓や汚れを簡単に短時間できれいに取り去ることができることができます。

その一方でデメリットもあるんです。

毛穴に詰まった汚れを取り去ったあとのケアを適切にしなければ、開ききった状態の毛穴に再び汚れがたまりやすくなってしまいます。そして、毛穴の皮脂が取り去られることでより皮脂の分泌が過剰になり、それによってオイリー肌になってしまうこともあるんです。

毛穴パックをした後は、しっかりと洗顔をしてそのあとで保湿をしっかり行い、開いてしまった毛穴を引き締めることが大事。

特に、頬や鼻などの毛穴が開いたままだと、顔全体の印象もくすんで暗く見えてしまいます。

次に気を付けたいのが、頬の毛穴を引き締めるときのポイント。頬の毛穴は皮脂の分泌が多いので、その皮脂の分泌を抑えて肌のコラーゲンを活性化させることがとても大事です。

というのも、毛穴が伸びて開いたり引き締めて小さくなったりするためには、コラーゲンは大きな役割を果たすからです。

コラーゲンによって肌の弾力がキープされて、肌にハリをもたらします。それによってシワも目立たなくなるんです。

コラーゲンを生成するのに必要なのが、ビタミンCやビタミンA。こうしたビタミン類は積極的に摂るようにするといいでしょう。

毛穴に詰まった汚れは毛穴パックだけでなく洗顔でもしっかり落とすことができます。

洗顔料をよく泡立てて、特に毛穴が目立つ頬や鼻にはしっかりつけて優しく洗うようにしてください。洗顔で重要なポイントはすすぎです。

洗顔料を使うことで毛穴の汚れは落とすことができますが、すすぎをちゃんとしないと石鹸成分が肌に残ってしまう、それが細菌と結合してまた汚れになってしまうんです。

なので、すすぎはとにかく念入りに。最低でも30回はすすぐようにしましょう。冷たい水よりもぬるま湯ですすいだほうが効果的です。

すすいだ後はとにかくたっぷりと保湿。保湿をすることで、毛穴が引き締まります。

もちろん乾燥もしっかりと抑えることができます。

乾燥にはMICHIURU(ミチウル)が効果的

鼻の汚れは洗顔だけでは落としきれない場合もあります。そのときは、ふつうに洗顔したあとに顔に蒸しタオルをあてて毛穴を開いて、さらに洗顔をするというのもおすすめ。

そういう意味では、毛穴パックを使って詰まった汚れを取り去るというのは手間もかからず簡単でいい方法だということが分かりますね。